車上用360度カメラ ~ 実績No.1


  NM33D-M-PLV

● 俯角(17度)付き小型魚眼レンズを搭載し、214度+360度の視野を撮影します。車上に設置してある程度の路面まで映ります。
● 360度全周囲映像をカメラ内部で平面映像へ展開して出力、指定部位の拡大も簡単
● USBから鮮明画像をデジタル出力します。PCに直接接続して操作・映像確認できます。画像送信時にも、映像の劣化がありません。大容量映像でありながら、最大で毎秒15フレームの転送速度を達成しました。
● 300万画素カラーCMOSを搭載し、鮮明な映像を提供します。
● 画像展開は、円形画像・ズーム画像・2分割画像・4分割画像などがあり、パン・チルト・ズーム(PTZ)角度を指定して一部分を切り出して出力することも可能。
● PTZのための駆動メカが無いので、低故障率。
● 全天候型 防水(IP66)ドーム。
● 車上への設置は、強力両面テープまたはマグネットで簡単。

車上搭載カメラの映像例1 (MPEG4の映像です)

俯角付レンズ搭載のNM33-Mを内蔵した車上カメラを使った撮影映像の例です。
カメラに標準添付しているアプリケーションソフトにて、180度パノラマ2分割モードで撮影
画面上半分に、車の進行方向180度の映像、下半分に後方180度の映像を表示
フレームレート: 約6~10fps

注1: 再生ボタン▷を押しても映像が再生されない場合は、枠右下に表示されるYouTubeロゴをクリックしてみてください。
Note: 場面(シーン)切り替わり部分の合成アニメーションは、Windows Movie Makerで行っています。

POINT!
遠くの山々までキレイに映っています
弊社だけの俯角付レンズ搭載なので、ある程度の路面まで撮影範囲になります

車上搭載カメラの映像例2 (MPEG4の映像です)

俯角付レンズ搭載のNM33-Mを内蔵した車上カメラを使った撮影映像の例です。
カメラに標準添付しているアプリケーションソフトにて、180度パノラマ2分割モードで撮影
画面上半分に、車の進行方向180度の映像、下半分に後方180度の映像を表示
フレームレート: 約6~10fps

中央道: 背後に夕日を背負って時速90Km程度での走行
首都高: トンネル通過
都 内: 画面上半分は車の左側の映像、下半分は車の右半分の映像表示に切り替えています

注1: 再生ボタン▷を押しても映像が再生されない場合は、枠右下に表示されるYouTubeロゴをクリックしてみてください。
Note: 場面(シーン)切り替わり部分の合成アニメーションは、Windows Movie Makerで行っています。


非展開の丸映像で撮影した例 (MPEG4の映像です)

Largeモードでの撮影です。
撮影した映像は、専用の展開ソフトを使って、部分拡大、平面展開、モード変更などができます。
Largeモードでの撮影時には、フレームレートが 約3fps 程度になります。

注1: 再生ボタン▷を押しても映像が再生されない場合は、枠右下に表示されるYouTubeロゴをクリックしてみてください。
Note: 場面(シーン)切り替わり部分の合成アニメーションは、Windows Movie Makerで行っています。


注2: 以上の映像例は、YouTube(MPEG4)フォーマットに変換されているため、実際の映像の解像度とは異なります

GPS連動 ビデオマッピングソフト の使用例 (MPEG4の映像です)

車上用カメラ NM33D-M-PLVで撮影しました。
撮影時にGPSレシーバーを併用して取得した位置情報(緯度経度・時刻)を、地図情報に融合する専用ソフトウエアです。
Largeモードで撮影し、任意に展開表示できます。

注1: 再生ボタン▷を押しても映像が再生されない場合は、枠右下に表示されるYouTubeロゴをクリックしてみてください。
Note: 画面のキャプチャーは、フリーソフトのBandicam を使用しました。


注2: 以上の映像例は、YouTube(MPEG4)フォーマットに変換されているため、実際の映像の解像度とは異なります

ページのトップへ
Copyright OPT Corporation. All rights reserved.